FC2ブログ
【ねっこぼっこのいえ】赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが集える居場所作りをしています。ブログでは、ひろばやサロン、イベントの様子など最新情報をお届けします♪
今年度最後のひろば
2011年03月20日 (日) | 編集 |
3月11日
金曜のひろば


今年度最後のひろば…
みんな今日は大掃除~♪と掃除の始まる時間を確かめる子もいる中、
それまでは、ひたすら遊ぼうとホールに向かうこどもたち。

今日で最後とあって、やりたいことはぜ~んぶやるぞ!とフープを回す子、
跳び箱に挑戦したい子、この前やった忍者ごっこの新聞でお風呂を作る子、
さまざまでした。
ゆったりのんびり、新聞浴を楽しむ子たちは、もうひとつお風呂の中から
宝物が出てくる…というお楽しみも!
なんと参加者のお兄さんが、おいしそうな飴を隠してくれていました。

そのお風呂からちょっと離れて、親たちのサークルがひとつ。
楽しそうなんだけど、ちょっと大人にはほこりっぽい?
今日は大掃除だし、新聞を湿らすのも手だった?などなど冗談を交えながら
大掃除の時間まであと少し…
ポプラ館では、少し早い時間から、あっちこっちと普段なかなか整えられないところや、
冷蔵庫の中まで!大掃除が開始します。

来年度はいつから始まるの?と気になっているこどもに来年はね、
この日…などなど話しつつ、こどもたちの床拭きまであと秒読み…
と時計とにらめっこしている時、床が船底のように揺れ始めました。

まさに、東日本を大きな地震・津波が襲った瞬間でした。
大きな揺れと、被害がすぐに報道される中、残念でしたがひろばの時間を打ち切って、
また来年と…と別れたさいごのひろば
この日、リーダーのいずみちゃん・コーディネーターのみゆきちゃんのおうちではこどもたちが病気で、
ひろば最後の日だというのに参加できず、さみしい一日でした。
そして、更に淋しく時間前の解散の日となりました。

被災があってから1週間…語る言葉も見つからないまま毎日が過ぎる中、
ひとつ心に深く確信したこと…、人と人がつながって支え合っていく力をしっかり内側に、
誰一人欠けてはならぬという思いを子どもも大人も育んでいくこと…
そこにこそやはり希望があること…


こどもたちが被災の現場で何かみんなのために出来ることをしたいと見つけだし、
誰かのためにと生き始めていることに深いところから力をいただいている私です…

まだまだ、心押しつぶされる状況が続いていますが、その中でもそうした現場での人たちと心を共にしているような歩みを、活動を続けたい…そんなことを思い閉じた今年度でした。

みなさん、本当に2010年度の1年もたくさんの支えと力を届けて下さってありがとうございました!
そして、尋ねて下さった時は共に笑い悩み涙し…その一つ一つがねっこぼっこのいえにそのたびに新たないのちを与え続けてくれたように思います。


来年度もみなさんと、素敵な時間を過ごせますように。
また、この場所でお会いできるのを楽しみにしています!


    金曜日リーダー:いずみ & ちょこっとボラちよぴーそして 
       ねっこぼっこのいえ2010年度スタッフ一同より 

スポンサーサイト