FC2ブログ
【ねっこぼっこのいえ】赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが集える居場所作りをしています。ブログでは、ひろばやサロン、イベントの様子など最新情報をお届けします♪
~詩の紹介~
2012年04月01日 (日) | 編集 |
あるニュージランドのお母さんが、かいた詩だそうです。

小さい子を育てる お母さんの共感を呼ぶ詩だな~と思って 紹介しますね


『今日』

今日、わたしはお皿を洗わなかった

ベッドはぐちゃぐちゃ

浸けといたおむつは  だんだんくさくなってきた  

きのうこぼした食べかすが  床の上からわたしを見ている

窓ガラスはよごれすぎてアートみたい  雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら  なんていわれるか

ひどいねえとか、だらしないとか 

今日一日、何をしてたの? とか


わたしは、この子が眠るまで、おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた


ほんとにいったい一日何をしていたのかな  

たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと

でもこう考えれば、いいんじゃない?


今日一日、わたしは

澄んだ目をした、 髪のふわふわな、この子のために

すごく大切なことをしていたんだって。

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、 わたしはちゃーんとやったわけだ



      (  こばまゆ  )
スポンサーサイト