FC2ブログ
【ねっこぼっこのいえ】赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが集える居場所作りをしています。ブログでは、ひろばやサロン、イベントの様子など最新情報をお届けします♪
8月28日(火)「子どもの本を学ぶ会」報告
2012年08月28日 (火) | 編集 |
8月28日(火)子どもの本を学ぶ会 報告

8月もおわりというのに、札幌ではめずらしく真夏のような暑さがつづいています。

そんな中、学びのひろば『子どもの本を学ぶ会』がありました。
今日は初参加の方も含め6名の方が集まりました。
s-子どもの本1

『暑かったので~』とTさんが手作りのしそジュースをもってきてくださいました。
まずは一杯、喉をうるおしてから会がスタートしました。

s-子どもの本2

今日テーマは ミヒャエル・エンデ『果てしない物語』 
資料も読みあい、物語を楽しみました。

s-子どもの本3

次回は9月11日(火)10時半~12時
ねっこ3階
で行います。
テーマ『秘密の花園』バーネット作 です
参加費無料・どなたでも参加できますので
興味のある方は是非おこしください。

[参加者さんの感想より]
エンデの「果てしない物語」をリクエストして取り上げて頂きました。
映画のイメージが強く、冒険物語の印象がありますが、実は、バスチアンがファンタージエンの旅で、失った自分を取り戻し、愛されたい自分から愛したい自分に変わっていくことを描いた物語でした。
「主婦はまとまった(読書に没頭する)時間がないよね!!」と、会の中で声がでました。確かに細切れ時間を繋ぐ毎日ですよね…。
それでも何とか読破できたのは、この会で取り上げてもらったお陰です。

心の本棚に、「はてしない物語」を置くことができて、幸せです。この年(40代)になったからこそ、味わえる読み方があります。

共感しあえる会の仲間の皆さん、いつもすてきな本を紹介してくださり、私たちに読み聞かせをしてくださる稲岡さん、ありがとう!!

因みに、映画・ネバーエンディングストーリーは、エンデの原作とラストが大きく違い、彼の伝えたいものとは異なります。やはり、原作を手にとってみて頂きたいです。

( 報告 ふーちゃん )

スポンサーサイト