FC2ブログ
【ねっこぼっこのいえ】赤ちゃんからお年寄りまで、誰もが集える居場所作りをしています。ブログでは、ひろばやサロン、イベントの様子など最新情報をお届けします♪
学びのひろば「ちいさなたね」報告
2012年07月17日 (火) | 編集 |
7月13日 ちいさなたね報告

今日は初めての方を含む9名の方が集まってくださいました。
はじめに、わらべうたとおはなしの「ちいさなおはなし会」。
季節に合わせてかたつむりや船のわらべうたで遊んだ後は、
大人が「ほたるこい」の合唱に挑戦しました。
声を合わせるのって気持ちがいいですね。とっても美しい響きでした~。

学びの時間は、今回は、身近な世界を五感でじっくり味わう絵本をとりあげました。
用意された本をわが子に読んだり、隣の人と感想を言い合ったり、思い思いに楽しんで、最後に気に入った本を一人ずつ紹介、読み聞かせしあいます。

今日の一番人気は『ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ』
マーガレット・ワイズ・ブラウン作 林明子絵 ペンギン社。

51QbcSFe+vL__SL500_AA300_.jpg

おばあちゃんちに行くのに「ぼく」が歩いたのは、
大人に手をひかれたのでは、決して通れないすてきな道。
道なき道を、調べたり、試したりしながら、「ぼく」はまっすぐまっすぐ歩いていく。

子どもが自分で考えてしてみてることって、周りではちょっとハラハラ、つい手を出してしまいたくなる時もたくさんあります。
でも、大人が近道と考えている道は、なんて味気ない道なんだろう、(時間がかかっても)子どもが通っている道ってこんなにも生き生きして楽しい道なんだ。
林明子さんのあたたかな絵とともにそんなことに気付かせてくれる、すてきな絵本です。
                                 
( 報告:まえ )

次回は9月7日(金)10時から
テーマは 冒険のはじまり です。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する